初心者向けの犬とは?懐かれやすい犬の種類

初めて犬を飼う人にオススメしたい犬種とは?
いぬアイコンこの記事はわんちゃん用の記事です

これから犬を飼ってみたいと思っているあなた!
どんな犬が好きですか?
外見や性格などの要素から、飼いたい犬をある程度決めていると思いますが
あなたが思っている以上に犬の飼育は大変だということを今回は伝えようと思います。

飼育の難易度から、初心者におすすめしたい犬種など
これから犬を飼う人にとって知っておかなければいけない知識を紹介するので
必ず覚えて帰ってくださいね!

初めて犬を飼う人に知ってほしい

初めて犬を飼う人は、頭の中が犬と触れ合っている所や楽しんでいる所といった
良いイメージしか出来ていないと思います。

あなたが思っている以上に犬の飼育は大変です!
雨の日でも散歩に行こうとする犬もいますし、あなたの体調が悪くても
必ずエサなどのお世話をしなければいけません。

犬の飼育には難易度がある

まず頭に入れて欲しいのが、それぞれの犬に飼育難易度があるという事です。
育てやすい犬もいれば、育てにくい犬もいる。

初心者が急に飼育が難しい犬を飼うと、主従関係をしっかりと意識させることに失敗し
わがままな犬に育ってしまうことがあるのです。

まずは犬の飼育に難易度があるということを覚えておいてください。

難易度を決める要素

犬の飼育を決める難易度は3つに分類できます。
それぞれに注目して、自分にどんな犬があっているのかを知りましょう!
必ずこれから犬との生活に役立ちます!

犬の性格

犬には出身国や何をしていたかによって性格が大きく変わります。
誰にでも人懐こく甘えることが出来る犬もいれば
番犬のように警戒心の強い犬もいます。

犬種の中にも正確に個体差はありますが、基本的に
犬種からどんな性格になるかは想像が出来ます。

初心者には警戒心が強い犬の飼育は向かないので
警戒心が弱く人懐こい性格の犬を選ぶ必要があるのです。

大きさ

初めて犬を飼う人が大型犬のような大きな犬を飼うと
しつけがうまくいかなかったときのコントロールが大変になります。
身体が大きいという事はそれだけ力が強くなるという事なので
飼育初心者の方は、力で負けないような小型犬などを選びましょう。

環境

運動をしないとストレスが溜まる犬や、体力が有り余っている犬は
1日最低でも1時間お散歩をしなければいけない事もあります。

お仕事や家庭環境で十分な運動をさせることが難しい場合には
それらの運動が必要な犬を飼育する難易度が高くなります。

また、室内で犬を飼う時には生活環境もしっかりと配慮してあげましょう。
このことについては、以下の記事で詳しくご紹介していますので合わせて読んでみてください。

【愛犬が死ぬ】室内で犬を飼う時の注意点!

2017.05.02

初心者にオススメな犬の種類

犬の飼育にはある程度の覚悟と犬種ごとに
飼育難易度があるという事を知って頂けたと思います。

それでも犬を飼いたい!という人の為に
初心者にオススメの犬種を紹介させて頂きます!
飼育がしやすいけれど可愛い犬ばかりなので、これらの犬種の中から選んでみませんか?

トイプードル

一番最初に紹介させて頂く犬種は誰もが知っている小型犬のトイプードルです。
トイプードルの性格は人懐こいので、人と触れ合うのが苦手という事はないので
しつけもしやすく、家族として仲良くなりやすいです。

体臭や抜け毛も少ないので、家の中が毛だらけになったり服が臭くなったりという
意外と困るトラブルの数が少なくなる点も初心者にとってオススメできるポイントです。

キャバリア

キャバリアは耳が垂れているThe家庭犬と言えるくらいの小型犬です。
人と触れ合うことが大好きで構ってもらえると、
オーバーなくらいに喜びを表現してくれます。

小型犬なので家の中で十分に動き回ることが出来ますし
スキンシップを取ることが好きなので、しつけにも非常にしやすいです!
正しいしつけを実施すれば、最高の家族になれるので初心者にオススメです!

寂しがり屋な一面があるため、一人暮らしの家庭で飼う時には
仕事終わりや休日に時間をかけて構ってあげることで
日頃のストレスを減らすことに繋がります。

シェルティー

シェルティーは小型犬ではなく中型犬なのですが
体重が7㎏程度しかないので、女性でも力負けすることはありません。

頭が良く人の心を理解してくれるのでしつけも非常に行いやすいです。
1日30分程度のお散歩と室内でボールで遊ぶなどで十分に健康に必要な
運動量を確保することが出来るので
室内外の人でも安心して買うことが出来ます。

愛らしい表情と甘えん坊なしぐさが凄く可愛い犬種なので
性別、年代関係なく多くの家庭で飼育されています。

まとめ

今回はこれから犬を飼う人に向けた、知っておきたい知識と
オススメの犬種について紹介させて頂きました。

これらの知識を覚えて、これからの犬の飼育時に活かしてみてください!

さらに以下の記事でも飼いやすい犬種について詳しく解説していますので
これから犬を飼おうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

犬を飼うならどんな犬がいい?あなたの飼いたい犬を知る方法とは

2017.04.28

 
ABOUTこの記事をかいた人
チョコラー

こんにちは!ペット健康ナビの記事を書いています。しつけの仕方やドッグフードの選び方など基本的なことから、わんちゃん・ねこちゃんの幸せに繋がるお話をしていきます♪皆さんが充実したペットライフを送るために、読んで参考になるような記事を目指します。ヨロシクネ Uo・ェ・oU