猫を飼いたい人が知るべき猫の基礎知識

ねこアイコンこの記事はねこちゃん用の記事です

今この記事を読んでいる人は
これから猫を飼いたい、飼ってみたいと思っている人だと思います。

猫を飼うためには、ある程度猫について知識を集める必要があります。
習性や行動の意味を知らないと
猫が何を表現しているのかを理解することが出来ず
飼わなければよかったと思ってしまうような険悪な関係になってしまうからです。

と正しく向き合うために、仲良く過ごすために
猫についての基礎知識を知りましょう。

猫を飼いたい!

猫は愛くるしくてかわいらしい生き物で
仕事のストレスや人間関係のイライラを解消してくれる生き物ですよね。

猫を家族に迎えることで
自分の未来が明るくなると思っている人がいますが
自分の事しか考えていない気がしませんか?

先に言っておくと、猫は人間のおもちゃではありません
確かに可愛い容姿をしていますし
飼い主に懐けば愛らしい姿がたくさん見ることが出来ます。

しかし、猫も生き物なので当然個性があります。
ベタベタ触られることを嫌う猫もいますし
甘えるのが大好きな猫もいます。

猫という生き物を責任をもって飼うためには
猫に関する基礎知識を身に着ける必要があります。

猫について知ろう

それでは猫に関する基礎知識を紹介したいと思います。

猫は元々はジャングルで生息していた生き物です。
犬のように運動量が多くなく、同じ場所で静かに過ごす傾向があります。
(毎日気に入っている場所で静かにしていることが多いです)

猫に好かれる人の特徴は
猫に構いすぎない人や華奢な女性。

これは静かに過ごしたいという猫の祖先の習性が関係していると言われており
実際に女性で猫を飼っている人が多いのは
懐かれやすいからと言われています。
(女性は引き際をわかっているので、猫にとっても安心できるのかも知れません)

運動量はどれくらい?

犬は大型犬になると1日2時間の運動量が必要と言われていますが
猫は1日20分遊んであげれば十分です。

社会人の方が帰宅後ちょっとおもちゃで遊んであげる程度で大丈夫なので
1人暮らしの方でも気軽に飼うことが出来ます。

ケアが必要です

毛繕いをするためのブラッシングや歯磨きなど
猫を飼うためには人間と変わらないケアが必要です。

全て飼い主さんがやらなければいけないので
ケアが必要という理由で飼育を断念する人もいますね。

医療費が非常に高い

猫を飼うとなると十年を超える付き合いになる事が多いですが
その十年のうちにケガや病気が発症したとすると
多額の医療費が請求されます。
(参考程度に、骨折は20万円ほど、カゼをひくと1万円ほど医療費が必要になります)

高い医療費が必要になるという事も覚えておいてください。

猫を飼う時にはペット保険加入が必要

先ほどチラッと紹介しましたが、猫を飼う時には
時には高額な医療費が必要になる事があります。

猫を一生飼育する際に必要になる医療費の平均は60万円と言われています。
(犬は100万円程度かかります)

幼い猫は好奇心が旺盛でケガをよくしますが
そのケガの治療にも数万円軽く飛んで行ってしまうので
猫を飼う時にはペット保険に加入する必要があります。

PS保険がオススメ

ペット保険に加入すると言っても
どこを選べばいいのかがわからない人がいると思います。

ペットショップなどで猫を購入する際には
いろんなペット保険を紹介されると思いますが
ペット保険に加入するのであれば
PS保険が間違いなく1番のオススメです。

PS保険では、ケガや病気にかかってしまった時に
PS保険の規約に当てはまる補償をしてくれます。

骨折をして24万円医療費が必要になったとしても
負担額が1万円で済むこともあります。

保険料も安く、補償の金額も高いので
初心者にオススメなペット保険だと思います。

まとめ

猫に関する基礎知識を紹介させて頂きました。
これから猫を飼うためには
ゲージを揃えたり、ペットフードを揃えたりと
あなたが知るべき知識や用意しておくものが沢山あります。

当サイトではそれらをわかりやすく知ることが出来る記事があるので
参考に見てください。

猫に好かれる方法

猫に好かれたい!猫が好む人間と嫌われる人間の特徴

2017.04.18

オススメの猫種

初めて猫を飼う人にオススメしたい猫種とは?

2017.05.17

猫のオススメキャットフード

猫の健康だけを考えたキャットフード3選

2017.05.27

 
ABOUTこの記事をかいた人
チョコラー

こんにちは!ペット健康ナビの記事を書いています。しつけの仕方やドッグフードの選び方など基本的なことから、わんちゃん・ねこちゃんの幸せに繋がるお話をしていきます♪皆さんが充実したペットライフを送るために、読んで参考になるような記事を目指します。ヨロシクネ Uo・ェ・oU