ドッグランコーディングについて徹底解説!

いぬアイコンこの記事はわんちゃん用の記事です

あなたの愛犬は家で滑っている回数が多くないですか?
転ぶ回数が多くないですか?

人間の私たちから見ると、なんとも可愛らしい行動ですが
犬にとっては怪我の予兆です。
何気なく滑っているのを見て笑っていても
あなたの犬は、家の床を危険に思っています。

大きなケガに繋がる前に、と床の関係を知り
どんな対策が必要なのかをこの記事で学びましょう。

滑る犬

家の中で遊んでいる時にドタドタと鳴り響く犬の足音。
犬は走ることが好きな生き物なので、家の中でもお構いなしに走り回ります。
たたみやカーペットの上だとスムーズに走ることが出来ますが
フローリングでは転ぶことや滑ることが多いと思います。

一見可愛いように思えるこのアクシデントですが
フローリングが原因になっているのです。

フローリングが原因になっている

実は犬が転びやすい、滑りやすいのは床の材質が関係しています。
つるつるしていて掃除がしやすいことから普及が進んだ
フローリングと犬の足の相性は非常に悪いのです。

犬の肉球はある程度の吸着力があるので、人間の手と同じように
フローリングで滑り止めの役割をしてくれますが
肉球の間に毛が生えているので、その毛で滑ることがあるのです。

毛をカットすることで、滑る回数を減らすことが出来ますが
こまめに手入れをしないとすぐに伸びてきてしまい
フローリングを歩くたびに滑ってしまう状態に戻ってしまいます。

犬の足とフローリングの相性が悪い事を
コチラの項目では覚えてくださいね。

面白いけど、危険なフローリング滑り

可愛い犬が転んでいるのを見るのは面白いし、可愛いと思います。
しかし、滑ったり転んだりすることによって
あなたの愛犬が大怪我をする可能性があることを知っていますか?

大怪我の可能性がある

つるつると滑ってよく転ぶ床。
犬にとってのフローリング、人間にとっての氷のようなものです。
氷の上で転び続けると、人間も打撲をしたり骨折をします。

人間と同じように、犬も滑ったり転んだりすると
ケガをするのです。

酷い時には骨折や関節炎など
手術を要するケースもあります。

面白い光景に見えても
危険な環境であることを理解して下さい。

大怪我をした時の医療費

犬が骨折や打撲などのケガをしてしまった時に
動物病院で治療する際にはどれくらいの医療費が必要になるか知っていますか?

ペットの医療費は保険に入っていないと全額自腹なので
人間の医療費と比べると非常に高額になります。

推定で20万円

打撲の場合はシップや薬などを処方されて1万円程度ですが
骨折やヘルニアや関節炎などの大怪我の場合には
5万円~20万円ほど医療費が必要になる事があります。

保険に入っている人であれば、何割か保険会社が負担してくれますが
保険に入っていたとしても数万円が必要になります。
犬との相性が悪いフローリングの家で飼育する時点で
これらのデメリットが発生する可能性があることを覚えておいてください。

ドッグランコーディングでケガを予防

フローリングで遊ばせていたら大怪我をする可能性があり
時には高額な治療費が必要になる事があります。

ペットの健康を守るためには、フローリングの環境を変えなければいけません。
しかし、床の材質を変えるとなると
ペットの怪我の治療費よりも多額のお金がかかってしまう。

そんな困った時には、ドッグランコーディングを施行することで
愛犬を守ることが出来ます。

滑り止め効果で愛犬を守る

ドッグランコーディングは、犬が走ったとしても
滑ることなく床を傷つけないフローリングの加工です。

ガラスやシリコンの材質をコーディングすることによって
犬が走っても従来のフローリングのように滑らないので
滑ったり転んだりしたときに起こる可能性のある怪我を防ぐことが出来ます。

愛犬の爪から床の傷を防ぐ

室内で飼育している愛犬の爪
基本的に削れることがあまりないので鋭利な状態です。

家の中を走り回った時や歩いている時に
少しずつフローリングを傷つけてしまいます。

ドッグランコーディングは犬の滑り止めをするだけでなく
高度の高いコーディングのお陰で爪から床を守ることが出来ます。

愛犬と自宅の床を守りたい人は
ドッグランコーディングを施行してもらいましょう!

ドッグランコーディングの費用がない人へ

大体コーディングの費用は1帖6000円程の費用が必要になります。
すぐにそんな高額のお金を用意することが出来ないという人が殆どだと思います。

1坪最低でも6000円なので、コーディングの質を変えると更に値段が高くなり
とても手軽に出すことが出来る金額では無くなってしまいます。
でも愛犬を守るためには必要。

そんな時には犬が走っても滑らないタイプのじゅうたんを購入してあげましょう。
安価なものでも滑り止めとしての役割を果たすものが多いのでAmazonや楽天などで購入してみてください!

まとめ

今回は愛犬を怪我から守るための
ドッグランコーディングについて紹介させて頂きました。
室内で犬を飼っている人は将来の怪我の予防の為にも
コーディングをする必要があります。

コーディングをすぐに行うことが出来ない人はじゅうたんや滑り止めシートなどを駆使してみましょう。

 
ABOUTこの記事をかいた人
東山かおる

愛犬・愛猫の健康と長生きのためにできることをブログにしています。
犬や猫の健康維持には、ドッグフード・キャットフードの見直しや、効果的なペットサプリを活用することが大切!
毎日ペットと何気なく接している飼い主さんは、愛犬・愛猫の様子を注意深く見てあげてください。
ドッグフードを美味しそうに食べていますか?キャットフードを食べ残していませんか?
ただ可愛がるだけじゃなく、全身をよく撫でて皮膚の様子もチェックしてあげましょう。
(犬や猫は言葉を話せなくても、あなたに向けてサインを送っています!)
犬と猫、そして飼い主さんの楽しいペットライフのために、これからも皆さんのお役に立てる記事を書いていきたいと思います。