オス犬は去勢すべき?去勢のタイミングと料金について

オス犬は去勢すべき?去勢のタイミングと料金について
いぬアイコンこの記事はわんちゃん用の記事です

今回は犬の去勢についての知識を皆さんに紹介したいと思います。
犬の去勢の方法や去勢のタイミング、値段など
犬の去勢にかかわる知識をまとめさせて頂きます!

これから去勢をしようと考えている飼い主さんや
去勢について知りたいと思っている方はここで知識を学んで
愛犬のために活かしてください!

犬の去勢について

まずは犬の去勢についての基本的な知識を紹介させて頂きます。

去勢の方法から去勢手術後の犬の状態など
詳しい情報まで知ることが出来るので愛犬が去勢をした時に
驚かないようにチェックする必要があります!

去勢手術の内容

  1. 全身麻酔
  2. メスで開腹する
  3. 睾丸を摘出
  4. 縫合

手術に要する時間はおよそ1時間程度で手術後の犬は
1泊するケースがほとんどです。
難易度が高い手術ではないので免許を持っている獣医であれば
失敗することは殆ど無くしっかりとした効果を得ることが出来ます。

去勢のために開腹するスペースも小さなものなので
よく見ないとわからない程度の傷口しか残りません!

全身麻酔について

去勢手術の内容に記載されている通り、去勢手術では
犬に全身麻酔をかけます。

暴れられては手術に危険なので局部麻酔ではなく
全身麻酔をする必要があるのです。

全身麻酔にはデメリットがあり犬の内臓機能の低下が
見られることがあります。

2008年に発表された論文によると
麻酔処置が原因で犬が死亡する確率は0.1%程だそうです。

1000頭手術したら1頭は死んでしまう可能性があるという事です。

しかし、手術を成功させるためには
全身麻酔を避けることはできません。

可能性としては本当に低いので
去勢手術で死亡することは殆ど考えなくても大丈夫ですよ!

※鼻が短い犬種は麻酔直後・覚醒時に呼吸困難を起こす可能性が
他の犬種よりも高いので気を付ける必要はあります。

どんなタイミングで去勢すべき?

去勢手術の概要についての流れを理解できたと思います!

気になるのはどのタイミングで去勢するかですよね!
犬の去勢の適正時期やタイミングなどを詳しく説明させて頂きます!

去勢のタイミングの説明

生後6か月~1年
犬の去勢のタイミングは一般的には生後6か月と言われています。
オスの犬の生殖器は生後1年ほどで機能が完成するのでそれまでに去勢をすることが
ベストなタイミングなのです。

オスが発情する条件は発情期のメスが周囲にいた時のみなので
周期的に生殖器の機能が変化するという事はなく、
オスには発情期がないので特に気にする必要はありません。

去勢にはいくらかかるの?

犬の去勢手術の値段を紹介させて頂きます。
一般的に犬の大きさが小さいほど値段が安くなっています。
大型犬になると少し高くなってしまいますが
手術に時間がかかってしまうため仕方がないのです。

去勢にかかる費用

  • 小型犬15000円~20000円
  • 中型犬15000円~25000円
  • 大型犬30000円~40000円

手術を受ける地域によって物価が変動するため
去勢手術の費用も大きく変わることがあります。

泊りになると宿泊費が別途でかかることもあるので
手術前に確認しておきましょう。

去勢のメリットとは

意外と知られていない去勢のメリット。

去勢をすることによって犬にとっても飼い主にとっても
多くのメリットを得ることが出来ます。
どんなメリットを得ることが出来るのかチェックしましょう!

去勢によって得られるメリット

去勢によって得ることが出来るメリットを紹介させて頂きます。

穏やかになる
闘争心が軽減されるため以前よりも穏やかになったという犬が多いようです。
オス同士散歩中に出会っても大暴れすることは殆ど無くなるそうですよ!
生殖器系の病気予防
生殖器に出来る可能性があった病気を予防することが出来ます。
ヘルニアなど辛い病気を予防できるケースもあるので
ペットの健康に大きなメリットがあります。
寿命が長くなる
闘争心がなくなり、外部からのストレスが減り興奮することが少なくなるので
去勢をしていない犬と比べて寿命が長くなります。
ペットを長生きさせるためだけに去勢する方もいるくらいです。

去勢後の犬の様子

結構気になるのが去勢後の犬の様子ですよね!

去勢後の犬はまずは自分の生殖器がなくなったことよりも
全身麻酔で体温調整が難しくなっていることに驚きます。
(去勢後はガタガタと震えて鼻水をだらだら垂らしている犬がほとんどです)

そちらに意識がとられてしまうからか、去勢をしたことに違和感を感じている
犬は少ないように思えます。

去勢後に与えるドッグフード選び

去勢後のワンちゃんの健康管理のためにもドッグフード選びも考えてみましょう。
ペットショップや通販でも去勢したワンちゃん用のドッグフードも販売されていますので、犬種や大きさ、年齢などに合わせて適切なドッグフードを選んであげてください。

去勢後のワンちゃん用のドッグフードを2種類ご紹介いたします。

◆ニュートロ ナチュラルチョイス スペシャルケア 避妊・去勢犬用

楽天市場で商品詳細を見る

Amazon.comで商品詳細を見る


3kg
【送料無料】【正規品】ニュートロ ナチュラルチョイス 避妊・去勢犬用 超小型犬〜小型犬用 成犬用 チキン&玄米 3kg JAN:4562358780721【T】【Z】
6kg
【送料無料】【正規品】ND313 ニュートロ ナチュラルチョイス 避妊・去勢犬用 超小型犬〜小型犬用 成犬用 チキン&玄米 6kg JAN:4562358780738【T】【Z】


◆ロイヤルカナン 療法食ニュータードケア犬用ドライ

楽天市場で商品詳細を見る

Amazon.comで商品詳細を見る

どちらも有名な商品で多くの飼い主さんが選んでいますが、去勢を行った病院でよく獣医師さんのお話を聞いて、愛犬に合ったドッグフードを紹介してもらうのが最も安全です。

また、去勢することで病気のリクスが高まったり、肥満になりやすくなるという情報もありますが
安全なドッグフードを選ぶ他にも、犬・猫のために開発されたサプリメントを使用するのもおすすめです。

獣医が進めるサプリを使った犬の病気予防法

2017.04.12

まとめ

犬の去勢について費用から手術方法、メリットなど様々な情報を
紹介させて頂きました。

これらの知識を知ることで愛犬を去勢するのかどうかを自分で決めることが出来ます。

去勢はしておくとペットとの大切な時間を長く保つことが出来ますし
性格も穏やかになるのでメリットが多い手術だと思います。

この記事を読んだ知識を使って去勢をするのかどうかを考えてみましょう!

 
ABOUTこの記事をかいた人
チョコラー

こんにちは!ペット健康ナビの記事を書いています。しつけの仕方やドッグフードの選び方など基本的なことから、わんちゃん・ねこちゃんの幸せに繋がるお話をしていきます♪皆さんが充実したペットライフを送るために、読んで参考になるような記事を目指します。ヨロシクネ Uo・ェ・oU