愛犬の最後を世話する介護の方法とは?

愛犬の最後を世話する介護の方法とは?
いぬアイコンこの記事はわんちゃん用の記事です

今回の記事ではあなたの大切な愛犬の介護の方法について紹介させて頂きます。
今は元気に走り回っている愛犬も人間と同じように年を取ると
歩く力や食べる元気がなくなってしまい、いずれは死んでしまいます。

死んでしまうことは、人間も同じなので避けることはできませんが
最後まで愛犬のお世話をするためにはどうすればよいのかを知ることで
愛犬との時間を大切に過ごすことが出来るようになります。

愛犬の介護の方法を知り、今後の愛犬との時間に活かしてください!

犬も歳をとる

当たり前のことですが、犬も歳をとります。
平均的な犬の寿命は11から14歳と言われています。

人間の寿命と比べると短いですよね。
その分あなたは犬の為に最後まで介護をしてあげる必要があるのです。

犬の年齢と人間の年齢の差

犬と人間の年齢差を紹介させて頂きます。

犬の1歳の年齢は人間の年齢に換算すると18歳ほどです。

そこから1年ごとに4年半を加算することで
犬の年齢を人間の年齢に治すことが出来ます。

犬が5歳であれば
18歳+(4歳半×5)なので大体34歳ほどになりますね。

人間からするとまだ5歳と思っても、
犬の感覚からするとかなり生きていることがわかります。

10歳にもなると56歳くらいなのでもうすぐお年寄り犬になりますね。

犬は何歳から介護が必要?

犬は何歳から介護が必要なのか知らない人がいると思ます。

犬に介護が必要になる年齢は個体差によって変化がありますが
基本的には今までできていたことが出来なくなったら
介護をしましょう。

どんな介護が必要なのか

犬の具体的な介護の方法は人間とさほど変わりません。

食事を今までよりも柔らかくしたり、家の中に
板などでスロープを作って移動し易くサポートします。

今まで出来ていたことが出来なくなった犬を
少しでも助ける行為が動物介護と言えます。

食事を変える

今までと比べて食欲がなくなったと感じたら
硬いドライフードから食事を変えた方が良いかもしれません。

老犬用の柔らかいドッグフードを与えたり
今まで通りのドッグフードをお湯でふかしたりすることで
犬の食事や消化を助けることが出来ます。

年齢別に考えるドッグフード選びについては、以下の記事でも詳しくご紹介しています。

愛犬の年齢別でドッグフードの選び方は変わる?

2017.04.10

無理に散歩は連れて行かない

老犬になると徐々に体力がなくなっていくので
昔は散歩が大好きだった犬でも、外に行くことを嫌がるようになります。

動かないともっと老化が進むと思い込み、無理やり散歩に連れて行ってしまうと
愛犬が必要以上に疲労してしまい、寿命が縮んでしまうきっかけになります。

外の風景を見せてあげよう

散歩が出来ないのであれば、外の景色を見せてあげましょう。

外への興味は残っているので、愛犬に必要以上に運動させない
負担がかからない方法で外の景色を見せてあげることが
愛犬のストレス解消にも繋がります。

体調が良い時には短時間だけでも散歩を行くこともオススメですが
外に出て思いのほか疲労の色が見えた時にはすぐに家に戻しましょう。

サプリメントで寿命を伸ばそう

現在動物用のサプリメントが販売されています。
歳をとった犬には効果がないと思われがちですが、こちらのキングアガリクス100ペット用は老犬にも効果があります。

サプリにはどんな効果が?

キングアガリクス100は愛犬のがん予防や寿命の延長に効果があります。
配合されている成分もおいしく摂取できるように工夫されているので
老犬にも与えやすく効果が得やすいサプリメントです。

散歩ができるようになる可能性

キングアガリクス100を使用して、今まで動けなかった犬が元気を取り戻し
散歩が出来るようになったというケースもあります。

キングアガリクス100を愛犬に与えることによって
もう散歩が出来なくなった愛犬と
もう一度散歩が出来るようになるかもしれません。

キングアガリクス100

まとめ

今回は愛犬の介護についての知識を紹介させて頂きました。
最後までしっかりと面倒を見てあげることであなたの愛犬
幸せだったと感じることが出来ます。

死ぬことは悲しい事ですが、愛犬が幸せだったと思えるような介護を
最後まで愛情をこめてしてあげましょう。

 
ABOUTこの記事をかいた人
チョコラー

こんにちは!ペット健康ナビの記事を書いています。しつけの仕方やドッグフードの選び方など基本的なことから、わんちゃん・ねこちゃんの幸せに繋がるお話をしていきます♪皆さんが充実したペットライフを送るために、読んで参考になるような記事を目指します。ヨロシクネ Uo・ェ・oU