ペットが危険!犬と猫に与えてはいけない食べ物とは?

ペットが危険!犬と猫に与えてはいけない食べ物とは?
ねこアイコンいぬアイコンこの記事はわんちゃん・ねこちゃん用の記事です

あなたの大切なペットに与えてはいけない食べ物について紹介させて頂きます。
この知識を知らないとあなたは大切なペットを失ってしまうかもしれません。

大切な犬や猫などのペットのために正しい知識を身に着けて
ペットの健康を守ってみませんか?

犬に与えてはいけない食べ物とは?

犬まずは犬が食べると体調を崩してしまう、
与えてはいけない食べ物について紹介したいと思います。

人間が食べても大丈夫なものでも犬が食べると体調に悪影響を与えてしまう
危険な食べ物が多くあるのでしっかりとチェックしましょう!

犬に与えてはいけない食べ物とその理由

・ネギ類(玉ねぎ、にら、長ネギ等)
ねぎ
犬がネギを摂取するとネギ類に含まれる
「アリルプロピルジスルフィド」という物質が
犬の血液中の赤血球を破壊し中毒症状を引き起こします。

アリルプロピルジスルフィドと相性が悪かったり、体調が優れていないときに
摂取してしまうと死亡してしまう可能性もあります。

・カカオ類(ココアやチョコレート)
チョコレート
犬がチョコレートなどのカカオ類を摂取するとカカオに含まれている
「テオプロミン」という物質が犬の中枢神経を刺激することから
不整脈や心拍上昇などの症状や発作を引き起こします。

飼い犬が異常なほどそわそわしていたり、呼吸がおかしい場合には注意しましょう。

・カフェイン類(コーヒー、紅茶)
カフェイン
カフェインは人間と同じように犬にも興奮作用を与えます。

誤って犬がカフェインを摂取しすぎてしまうと人間同様カフェイン中毒になってしまい
失禁、嘔吐、下痢などの症状があらわれて、最悪の場合死亡してしまいます。

・ぶどう類(レーズンや生ぶどう)
ぶどう
ぶどう類も犬に与えてはいけない食べ物の1つです。
嘔吐、下痢、腎不全を引き起こし中毒死の可能性もあります。
実はなぜ犬にとってぶどうが毒になるのかという理由は
海外の大きな実験でも因果関係が解明されていません。

臨床結果で犬にとってぶどうは有害とされている為、絶対に与えてはいけません。

・アボカド
アボカド
犬がアボカドを摂取してしまうと「ペルジン」という成分が
下痢や嘔吐の症状を引き起こしてしまいます。

飼い主さんが知らずに与えてしまうケースが多いので気を付けましょう。

・キシリトール(人工甘味料)
キシリトール
キシリトールも犬にとっては有害な物質です。
犬がキシリトールを摂取してしまうと低血糖を引き起こしてしまいます。

誤って人間用の歯磨き粉を犬の歯磨きに使ってしまわないように注意しましょう。

・アルコール
アルコール
犬は少量でもアルコールを摂取することにより
嘔吐や下痢、症状が重くなると
呼吸障害などの症状が現れます。


つい間違えて与えてしまったり、飼い主が食べこぼしを食べてしまったり…
日頃から食べてはいけない物を愛犬が口にしてしまう危険性は潜んでいます。
愛犬の健康と、寿命にもつながることなのでしっかりと対策するようにしましょう。
そして愛犬に食べさせるドッグフード選びも、寿命を伸ばすための大きな要因ですので、良いものを選びましょう!

愛犬の寿命を決めるドッグフードの品質の見極め方とは?

2017.04.13

猫に与えてはいけない食べ物とは?

猫次は猫が口にしてはいけない食べ物について紹介します。
知らないという人も多い知識でもあるので猫を飼っている人は
しっかりとチェックしましょう!

猫与えてはいけない食べ物とその理由

・ネギ類(玉ねぎ、にら、長ネギ)
ニラ
犬と同じように猫もネギ類を摂取すると体調を崩してしまいます。
アリルプロピルジスフィドは犬と猫に共通する有害物質なので注意する必要があります。

もし飼っている猫の元気がなかったりふらついている場合には
ネギ類を摂取したことを疑いましょう。

・イカやタコ
タコ
猫には生のイカやタコを食べさせてはいけません。
生のイカに含まれる「チアミナーゼ」という酵素はビタミンB1を分解し
急性ビタミンB1欠乏症を引き起こす可能性があります。

ビタミンB1欠乏症の症状が重くなると痙攣をおこすなど
猫にとって危険な状態が続いてしまうためイカやタコの生食は絶対に禁止しましょう。

・アワビ
アワビ
アワビにはピロフェオホルバイドaという光励起物質が含まれており
猫の体内に含まれてしまうと光線過敏症の原因になってしまいます。

毛が薄く光がとおりやすい耳などの組織が壊死してしまう可能性があり非常に危険です。

・鳥や魚の骨
魚の骨
猫の喉や消化器官はとても細いので魚や鳥などの大きな骨が窒息の原因となってしまいます。

また、消化器官につまってしまうと腸閉塞を引き起こしてしまうため
骨はしっかりと取り除いて猫に与えましょう。

・カカオ類(チョコレートやココア)
カカオ
猫もカカオ類を摂取すると犬と同じように「テオプロミン」が原因で
不整脈や心拍上昇などの症状があらわれます。

犬と猫共通の危険物質なので食べさせてはいけません。

・アボカド
アボカド
アボカドに含まれる「ペルジン」は犬と同じように猫にとっても毒になります。

嘔吐や下痢を含む胃腸の症状があらわれ、死に至る可能性もあります。


猫は、動作も素早く、気が付いた時にはもう
食べてはいけない物でも口にしてしまっていることもあります。
愛する猫ちゃんの健康のためには、できるだけ食べてはいけない物を与えないようにする他、毎日のキャットフードも良いものを与えてあげるようにしましょう!

猫が早死にする?毎日のご飯を見直して猫の健康を考えよう

2017.04.13

危険なものを食べさせないために

犬や猫が食べてはいけない危険な食べ物を紹介させて頂きました。

犬や猫が誤って危険な食べ物を食べてしまわないように防止するためには
どのような工夫ができるのか紹介させて頂きます。

この記事を読んだらすぐに実践して、危険な食べ物から犬と猫を守りましょう。

食べ物の置く場所の工夫方法の紹介

今回紹介させて頂いた食べ物の中には、ネギやチョコレートなどの常温保存が可能な食べ物があります。

台所の隅やテーブルの上などの犬や猫の手が届く位置にそれらを置いてしまうと
誤って摂取してしまい体調を悪くしてしまうことがあります。

そうならないために、今回紹介させて頂いた危険な食べ物は棚の中に収納したり
冷蔵庫に入れるなどして犬や猫の手の届かないところに隠しましょう。

この工夫1つで犬と猫の健康を守ることができます。

もし食べてしまったときには?

厳重に注意していたけれど、犬や猫が誤って危険な食べ物を食べてしまった!
そんな時にどう対処すればよいのか応急処置を紹介させて頂きます。

すぐに対処することで体調を回復させることができるので
必ず覚えて実践できるように知識を身につけましょう。

犬が誤って摂取してしまった時には

危険な食べ物を摂取してしまった時には、消化器官に吸収される前に
吐かせることによって対処することができます。

犬の舌に3~7杯の塩を乗せて水を大量に飲ませることによって
意図的に吐かせることができます。
吸収されてしまう前に実践し、犬を助けましょう。

すでに吸収されてしまった場合にはすぐ獣医に見せて診察を受ける必要があります。

猫が誤って摂取してしまった時には

猫が誤って危険な食べ物を摂取してしまった場合には、
薬局などに売っているオキシドールを少量摂取させましょう。

オキシドールは胃に到達すると酸素を発生させるため
胃が膨らみ嘔吐を促すことができます。

子猫などでオキシドールを飲ますことが難しい場合には濡らした綿棒などで
喉の奥を刺激し、嘔吐を促しましょう。

早い段階で嘔吐させることができれば症状が治まります。

すでに吸収されてしまった場合にはすぐ獣医に見せて診察を受ける必要があります。

もし頻繁に体調を崩しやすいワンちゃんや猫ちゃんは
飼い主さん見ていないところでいろんなものを食べている可能性があるので
ペット保険に加入して万が一の状況に備えておきましょう。

【ペット保険】PS保険の特徴と評価まとめ!

2017.06.12

まとめ

犬と猫が食べてはいけない危険な食べ物と
食べてしまった時の対処法について紹介させて頂きました。

これらの知識をしっかりと身に着けることによって
ペットを守ることができる立派な飼い主になることができます。
ペットの命を守るのはあなたです、しっかりと知識を身につけましょう。

 
ABOUTこの記事をかいた人
チョコラー

こんにちは!ペット健康ナビの記事を書いています。しつけの仕方やドッグフードの選び方など基本的なことから、わんちゃん・ねこちゃんの幸せに繋がるお話をしていきます♪皆さんが充実したペットライフを送るために、読んで参考になるような記事を目指します。ヨロシクネ Uo・ェ・oU