ペットフードは食品ではない!? 知っておきたい規制の知識

ねこアイコンいぬアイコンこの記事はわんちゃん・ねこちゃん用の記事です

ペットフードと言えば、生きるために愛犬,愛猫が毎日食べる食事ですが
実はペットフードは「食品」として作られていないことを知っていますか?

なぜペットフードは食品として製造されていないのか。
食品とどのような点が違っているのか。

ペットフードに関する意外と知らない規制についての知識を紹介するので
これからペットフードを選ぶために必要なので必ず目を通しておきましょう。

ペットフードが食品ではない理由

冒頭でも少しお話したようにペットフードは食品ではありません。
そのため、人間食品関連の法令は原則として適用されません。

適用されない法令の例

  • 食品衛生法
  • JAS法
  • 食品表示法
  • 健康増進法

これらの法令は基本的に適用されない為
ペットフードには人間が食べられないような栄養素が配合されていることがあります。
現在はペットの健康を補助することを目的とした
ペット用の療法食なども注目されている為、粗悪な材料成分が減ってきていますが
価格の安いペットフードには未だに質の悪い成分が配合されているのが現実です。

様々な法令が原則として適用されないペットフードですが
食品,添加物などの規格基準は適用されている為
ある程度の安全は確保されています。

「ある程度」です。

ペットフードの安全法がある

ペットフードは食品ではないから様々な法令が適用されず
ペットオーナーとしては安全面に不安が残る。

確かに法令が殆ど適用されていないので、最低限の安全しか確保されていませんでした。
しかし、2009年の6月から農林水産省が共管する法律として施行された「ペットフード安全法」によって
栄養の供給を目的とした「愛がん動物用飼料」は安全面が改善されました。

これまでは原材料などの細かい表記の必要が無かったペットフードでも
扱いが「愛がん動物用飼料」に変わったことにより

  • 名称
  • 賞味期限
  • 原材料名
  • 原産国
  • 製造業者の名前と住所
  • 輸入業者の名前と住所
  • 販売業者の名前と住所

これらの項目を表示することが義務付けられました。
(実際に義務付けられたのは施行の翌年2010年からです)

もちろん、ペットフードの表示においても商品の品質や企画などが
実際の物よりも著しく優良であると誤解するような表示は不当表示として禁止されています。
当サイトで紹介しているようなペットフードも特定商取引法の対象になっています。

この法令が義務化されたことにより
消費者はペットフードの安全性について自己判断が出来るようになりました。

どんな原材料からペットフードを作っているのか。
どんな業者が加工しているのか。
危険な添加物が配合されていないか。

ペットオーナーとしては気になる材料に関する不安を
自分の目で確認することが出来るようになったことから
少しでも緩和させることが出来るようになったのです。

なぜこういった法令が出来たのか

7年前に出来た法令ですが、なぜ日本でもこういった
ペットフードに関する法律が制定されたのでしょうか。

それはペットフードの安全性に問題が多かったからです。
材料に関しても、製造元でのトラブルに関しても
ペットフードが関わったトラブルは沢山あります。

こちらの項目ではペットフードの悪い面について紹介します。
法律が出来た理由という認識で目を通してみましょう。

ペットフードの粗悪な原材料

ペットフードはペットが生きる為に食べるご飯なので
必要な栄養素が沢山配合されています。

タンパク質やビタミンなど例を挙げればキリがないのですべては紹介しませんが
今までのペットフード業界では、栄養素ではなく
原価のみを意識した製造がおこなわれて来ました。

本来であれば質の良いお肉を使わなければいけない所を
4Dと呼ばれる質の悪く体に悪影響を及ぼす可能性のある肉を使ったりしていました。

4Dの意味は以下の単語の頭文字から来ています。

  • DEAD・・・死亡した動物の肉
  • DISEASED・・・病気だった動物の肉
  • DYING・・・死にかけだった動物の肉
  • DISABLED・・・障害のあった動物の肉

4Dのお肉だけではありません。
犬や猫に必要のない糖質や穀物などの栄養素を
価格が安く利益が高くなるという動物の事を考えない理由で
ペットフードの中に沢山使用しているメーカーもあります。

これらの粗悪なペットフードを製造しているメーカーは無くなったわけではありません。
普通に存在していますし、市販のペットフードとして店頭に並んでいます。

ペットフードの危険な事件

ペットフードの危険な事件は有名なもので2つあります。

メニューフーズ社が製造したペットフードに
メラニンが混入したことにより39000匹の犬や猫が死亡した大規模死亡事故。

世界最悪のペットフード事故!4万匹が死亡した事件の実態とは?

2017.04.14

2017年の1月にペットフードの中に安楽死に使用される薬が混入した事件。

「ペットフード安全法」が制定される前には39000匹が死亡しており
制定された後にも国外ですが安楽死薬が混入する事故が発生しています。

ドッグフードで安楽死?!衝撃の混入事件とは

2017.07.12

こちらの項目で伝えたいのは
いくら法令によってある程度の安全を判断することが出来るようになったからと言って
ペットフードは必ずしも安全なものではないという事です。

信頼のおけるメーカーで作られた
犬や猫に必要な栄養素のみが配合されたペットフードを選ぶ必要があるのです。

安全なペットフードを選ぼう

日本国内で制定された法律があったとしても
ペットフードは国外で製造されているものが沢山あるので
表記がしっかりと見ることが出来るという点以外は安全性に繋がりません。

そのため、自分自身で信頼できるペットフードメーカーを調べ
愛犬,愛猫に与える必要があるのです。

どんなペットフードが良いのか調べるのは大変だと思うので
当サイトで紹介している安心できるペットフードを紹介したいと思います。

カナガンブランド

ペットフードの中でも有名なカナガンは
しっかりと質の高い原材料を使って製造している為
安心してペットに与えることが出来ます。

犬や猫に必要な栄養素のみを配合し
食べやすいように美味しく仕上げている為
食いつきも非常に良いですし、健康管理にも繋がります

信頼性、味の良さ、評価。
これらの3つが揃っていなければこれほど有名にはなりません。
これからペットフードを変えようと思っているのであれば
カナガンブランドを1度試してみませんか?

カナガンドッグフード
カナガンキャットフード

 
ABOUTこの記事をかいた人
東山かおる

愛犬・愛猫の健康と長生きのためにできることをブログにしています。
犬や猫の健康維持には、ドッグフード・キャットフードの見直しや、効果的なペットサプリを活用することが大切!
毎日ペットと何気なく接している飼い主さんは、愛犬・愛猫の様子を注意深く見てあげてください。
ドッグフードを美味しそうに食べていますか?キャットフードを食べ残していませんか?
ただ可愛がるだけじゃなく、全身をよく撫でて皮膚の様子もチェックしてあげましょう。
(犬や猫は言葉を話せなくても、あなたに向けてサインを送っています!)
犬と猫、そして飼い主さんの楽しいペットライフのために、これからも皆さんのお役に立てる記事を書いていきたいと思います。