狩猟の鹿肉は安全?鉛の危険性と安心できるドッグフードについて

いぬアイコンこの記事はわんちゃん用の記事です

あなたはの先祖がオオカミだという事を知っていますか?
オオカミは狩りをして動物の肉を食べ生きて来た肉食動物です。
ウシやシカなど様々な動物を狩ってきましたが、中でも鹿肉が好物だったと言われています。

狩りをしていたころのオオカミとしての遺伝子は現在の愛玩犬にも残っており
鹿肉などの野生の味を好むワンちゃんも沢山いると思います。

しかし、そんな美味しい鹿肉が鉛で汚染されている可能性があるというウワサが流れています。
なぜ金属の鉛が関係するのか。
一体どんな危険性があるのか。

愛犬に与えたいけれど注意する点が沢山ある鹿肉についての正しい知識と
鹿肉を安全に与えたいと考えているあなたに向けた
オススメのペットフードを紹介したいと思います。

犬が大好きな鹿肉の基礎知識

鹿肉とは名前の通り鹿のお肉の総称です。
犬の先祖であるオオカミが鹿肉を好んでいた理由
本能的にタンパク質の含有量が多いお肉を食べる習慣があったからと言われています。

実際に牛肉や豚肉と比べても鹿肉はタンパク質の割合が多く
脂質が少ないため肥満を予防し筋肉質な体を維持することが出来ます。
肉食動物の消化器官を持つ犬にとっては健康を維持するのに適した食材なのです。

お肉の種類 鹿肉の部位平均 牛肉(ロース) 豚肉(ロース)
タンパク質 22.3g 16.5g 20g
脂質 1.5g 26g 8g

 

鹿肉を使ったドッグフードが増えてきている

犬に理想的な栄養素を与えることが出来る鹿肉は
現在多くのメーカーがドッグフードの材料として使い始めています。

タンパク質が豊富で低脂肪と肥満対策にもなるため
多くのメーカーで鹿肉が使われており
実際に愛犬に与えてみると以前よりも腸内環境が良くなった
食いつきが良くなり食欲が回復したという体験が多くあります。

犬にとっても飼い主さんにとっても非常に魅力的な鹿肉ですが、
その鹿肉の安全性に疑問を抱いてしまうようなウワサがあるのです。

鹿肉は鉛に汚染されている

栄養素が整っていて犬が好む食材として人気の鹿肉ですが
狩猟によって捕まえられた鹿肉は鉛玉によって汚染されている可能性があるのです。

本来は鹿を食用に捕まえる際には鉛玉では
お肉が汚染されてしまい健康被害が出てしまう可能性があるため
銅の銃弾を使うようにルールが設けられているのですが
銅よりも安い鉛玉を使っているハンターさんも少なからずいます。

そういった一部のハンターが鉛玉を使って鹿を殺し
材料として提供したとするとお肉が汚染されてしまいます。

鉛の基礎知識と毒性について

こちらの項目では鉛の基礎知識とその毒性について紹介したいと思います。

鉛は金属の中でも非常に安い単価で販売されており
釣りの重りやレントゲンの放射線を軽減するカバーなど
生活の中の様々な場面で使用されている重金属です。

単価が安く金属密度が高いため、銃弾として用いられることが多く
2014年まで日本でも狩猟用の銃弾として使用されていました。
海外では現在でも当たり前に使用されています。

鉛にはある程度の毒性がありますが、実は食品の中に微量ですが含まれている為
私たち人間や犬や猫は日常的に体内に鉛を取り込んでいます。
鉛を取り込んだとしても微量であれば便と共に対外へ排出されるので
普通に生活していれば目に見えてわかるような健康被害は基本的にはありません。

先ほど紹介したように、鉛を使った銃弾によって
鹿などのお肉が汚染されてしまった場合には
そのお肉を食べた犬や人間に鉛中毒の症状が出ることがあります。
鉛玉が撃ち込まれて長期間、鹿の体内に存在していた場合には
鉛の成分が高濃度になっている可能性が高く鉛中毒の可能性も高くなります。

具体的な症状

鉛中毒の症状は次の通りです。
脳水腫,大脳の軟化,血管内皮細胞腫大,虚血性神経細胞死,尿細管上皮細胞の変質
嘔吐,急性中毒によるショック死,貧血。

これらの症状は鉛がヘモグロビンの合成を阻害
体に血液関係のトラブルを発生させることが原因となっています。
死亡例も実際にあるため、気を付けなければいけない重金属中毒と言えます。

一部の鹿肉は危険、でも安全なものが殆ど。

ルールを守らない一部のハンターが存在しているので
全ての鹿肉が安全とは言えません。

しかし、鉛玉の使用が禁止されてから約3年が経過している為
以前よりも確実に鉛玉を使用しているハンターが減っているので
鹿肉の安全性が確保されて来ました。

栄養価が高く愛犬の為になるから
鹿肉を与えてみたいという人の為に
今回は安心できるお勧めの鹿肉を使ったドッグフードを紹介します。

みらいドッグフード

みらいドッグフードは馬肉を主成分として作られているドッグフードです。
鹿肉を与えることで腸内環境と筋肉の質を向上させることが出来るので
がん予防や病気の予防に非常に役立つドッグフードです。

青魚に含まれているDHAなども豊富に配合されているので
鹿肉+αの効果を体験することが出来ます。

みらいドッグフードの詳細はコチラ!

まとめ

犬と鹿肉の関係性。
鹿肉の汚染と鉛の基礎知識についてお話しました。

鉛汚染の危険性は今回紹介したような
信頼できるペットフードメーカーを選ぶことで回避することが出来ます。
愛犬の健康の為には鹿肉が必要なので
とりあえず一袋だけでも鹿肉ドッグフードを試してみませんか?

 
ABOUTこの記事をかいた人
東山かおる

愛犬・愛猫の健康と長生きのためにできることをブログにしています。
犬や猫の健康維持には、ドッグフード・キャットフードの見直しや、効果的なペットサプリを活用することが大切!
毎日ペットと何気なく接している飼い主さんは、愛犬・愛猫の様子を注意深く見てあげてください。
ドッグフードを美味しそうに食べていますか?キャットフードを食べ残していませんか?
ただ可愛がるだけじゃなく、全身をよく撫でて皮膚の様子もチェックしてあげましょう。
(犬や猫は言葉を話せなくても、あなたに向けてサインを送っています!)
犬と猫、そして飼い主さんの楽しいペットライフのために、これからも皆さんのお役に立てる記事を書いていきたいと思います。