愛犬元気はスーパーで売っている危険物!口コミから評判を確認!

いぬアイコンこの記事はわんちゃん用の記事です

コンビニやスーパーなど、様々な場所で販売されているドッグフード「愛犬元気」。
皆さんも1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

市販ドッグフードの代表ともいえる愛犬元気は値段が安く量が多い事で有名ですが、成分が危険だという噂も流れているドッグフードです。
大切な家族である愛犬に、危険なドッグフードを与えるわけにはいきません。

そこで今回の記事では、愛犬元気に使用されている原材料を調べどんなドッグフードなのかを紹介したいと思います。

愛犬元気とは?

愛犬元気

愛犬元気は、ユニ・チャームペットが販売しているドッグフードです。
ドライタイプ、ソフトタイプ、ウェットタイプと様々なタイプの愛犬元気が販売されています。
今回の記事では、一般的な愛犬元気のドライフード「全成長段階用」の成分について紹介したいと思います。
(最も購入者が多い為です)

どんな材料が配合されているの?

それでは早速、愛犬元気にどんな成分が配合されているのかを見てみましょう。
愛犬元気 成分

愛犬元気に使用されている原材料は上記の通りです。
原材料は配合量が多い順に掲載されています。

つまり、愛犬元気には穀物配合の割合が最も多くその次に肉類が配合されていることがわかります。
犬は食事の中でタンパク質の摂取を最も重視する生き物です。
犬に最も必要なタンパク質の割合が穀物よりも低い事から、犬の健康を考慮したドッグフードではないことがわかります。

管理人
犬に必要な栄養素よりも不要な材料の割合が多いんだね 

愛犬元気はなぜ危険と言われているのか

犬 ?
愛犬元気はなぜ危険なドッグフードだと言われているのでしょうか。
噂が流れた原因を探ってみたいと思います。
原材料を見ただけで幾つかの不安要素が見つかりましたが、それらの内容について深く調べることでウワサの真偽を判断したいと思います。

粗悪な原材料を使っていることが原因

愛犬元気の原材料を確認してみると、なんだか曖昧な名前が多いように感じませんか?
肉類?チキンミール?ビーフパウダー?

人間用の食品では耳にしないような名前が多いですよね。
高品質で有名なカナガンドッグフードの原材料表には「骨抜きチキン」「乾燥チキン」などはっきりと材料がわかる表記がされています。
しかし、愛犬元気にははっきりとした表記ではなく曖昧な「ミール」「パウダー」「肉類」の表記。

なぜハッキリといした表記ではなく、あいまいな表記にしているのか。
理由は簡単、粗悪な原材料を使っている為はっきりと表記することが出来ないからです。

牛の耳や足の蹄に近い部位。
鳥の可食部にならなかった廃棄される部位。

こういった本来であればフードに適さない部位を使用しているので、ストレートに書いてしまうと誰も愛犬元気を買わなくなってしまいます。
そのため、肉類やミール(粉末にしたものという意味)という言葉を使って曖昧な表記をしているのです。
タンパク質には変わりがないので、栄養として吸収はされます。

しかし、ミール系やパウダー系の曖昧な肉類はどんな状態の牛,豚,鶏から製造されたものかわかりません。
病死した個体かもしれませんし、障害を持っている個体かもしれません。
腐った肉
安全性が確認できていなくても、ドッグフードは「食品」として製造されていないのでこれらの粗悪な材料を使用することが出来るのです。

ドッグフードが食品じゃないってどういうこと?と疑問に思った方はこちらの記事を参考にしてください。

ペットフードは食品ではない!? 知っておきたい規制の知識

2017.07.21

いくら粗悪な原材料を使っても罰せられないからと言って、大切な愛犬にそんな粗悪な肉で作られたドッグフードを与えてくないですよね。
粗悪な肉類を使っていることが、愛犬元気が危険だという評価に繋がっていることは確実だと思います。

管理人
愛犬元気という商品名なのに、元気がなくなるような材料を使っているんだね!

犬に不要な栄養素が多い

犬に最も必要な栄養素はタンパク質です。
ドッグフードに使用されている材料の割合は、肉類が最も多くなければいけません。

しかし、愛犬元気には肉類ではなく穀物の方が多く使用されています。
穀物を犬に与えることで得られるメリットはありません。
穀物を使うことによってドッグフード製造に必要になるコストが安くなるので業者は喜びますが、犬にとっては何の得もありません。

ドッグフードメーカーのコスト削減というメリットのみを重視して、犬に必要な栄養素の優先順位と質を低下させていることも、危険と呼ばれる理由の1つだと思いました。

愛犬元気を使った人の口コミまとめ

愛犬元気を購入し、愛犬に与えたことがあるという人の口コミをまとめてみました。
実際に使った人がどのような印象を持っているのかを見てみましょう。

Gさん
スーパーで安く販売されていたので購入しました。
現在はカナガンドッグフードを使っているのですが、カナガンに変えてから動き回ることが多くなったと感じました。
もしかして、愛犬元気を与えていたから大人しい性格だったのかな?と思いました。食いつきは普通でした。
Kさん
いつも買っていたドッグフードを切らしてしまったので、1週間ほどの繋ぎように購入しました。
購入したは良いものの、全く食べてくれませんでした。
臭いや味が気に入らなかったのかな?
Yさん
いつものドッグフードが無かったので、機会だと思って愛犬元気を与えてみました。
今まで通り沢山食べてくれたのですが、一週間与えたあたりで今まで健康だった便が軟便に変わりました。
病気や水分の過剰摂取ではなくドッグフードが原因と言われ、獣医さんにおすすめして貰ったドッグフードに変えたら体調が戻りました。
犬のお腹が緩くなるような材料を使っているのかと思い、凄く不安になりました。

口コミを見てみると、愛犬元気を使ってみたら愛犬の体に何かしらの影響が出ている人が多いですね。
軟便になったり、食いつきが悪くなったり。

原材料を調べた時点で、質の悪いドッグフードだということはわかっていましたが、ここまで酷いとは思いませんでした。
値段が安いという点で購入する人が多いと思いますが、健康被害が出ているワンちゃんがいると思うと可哀そうですね。

愛犬元気はおすすめ出来ないドッグフード

怒った犬
材料や口コミを調べた結果、愛犬元気はお勧めできないドッグフードだという結論に至りました。
愛犬元気は危険なドッグフードだという噂がありましたが、あながち間違っていないのかもしれません。

粗悪なミール系や副産物を使った肉類を使用しており、犬に不要な穀物をたっぷりと使用している。
コストを下げる事だけを考え、安い値段に釣られた消費者が愛犬に与えることで悪影響が発生する。
決して良い評価を与えることが出来ない結果になりました。

犬の健康の為にも質の高いドッグフードを選ぼう

愛犬元気の評価が非常に悪いことがわかりましたが、値段が安いからという理由で使い続けるのも悪くはないと思います。
(実際、毎月のドッグフード代って結構高いですもんね)

愛犬元気の評価が非常に悪い事を、この記事で初めて知り他のドッグフードに変えたいと思っている人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

ドッグフードのおすすめ5選!愛犬の寿命を伸ばせる理由とは?

2017.08.09

あなたの大切な愛犬の健康を守ってくれるドッグフードが紹介されているので、きっと役立つと思います。

ドッグフードは犬が毎日食べる食事なので、質の高いものを選ぶことで寿命を伸ばすことに繋がります。
安いドッグフードを使ってしまうと、最終的に医療費で高額なお金を請求されることが目に見えているので質の高いドッグフードを購入しておきましょう。

 
ABOUTこの記事をかいた人
東山かおる

愛犬・愛猫の健康と長生きのためにできることをブログにしています。
犬や猫の健康維持には、ドッグフード・キャットフードの見直しや、効果的なペットサプリを活用することが大切!
毎日ペットと何気なく接している飼い主さんは、愛犬・愛猫の様子を注意深く見てあげてください。
ドッグフードを美味しそうに食べていますか?キャットフードを食べ残していませんか?
ただ可愛がるだけじゃなく、全身をよく撫でて皮膚の様子もチェックしてあげましょう。
(犬や猫は言葉を話せなくても、あなたに向けてサインを送っています!)
犬と猫、そして飼い主さんの楽しいペットライフのために、これからも皆さんのお役に立てる記事を書いていきたいと思います。