ペット保険初心者にオススメの保険は?

ペット保険初心者にオススメの保険は?
ねこアイコンいぬアイコンこの記事はわんちゃん・ねこちゃん用の記事です

ペット保険を選びたいけれど、どこの会社にすればいいかわからない。
当サイトでも7つのペット保険を紹介しているので
どこを選べばいいのかわからないという人が多いのではないかと思います。

今回の記事では7つのペット保険会社の中から
初心者に一番お勧めしたいペット保険を紹介したいと思います。

月々の保険料が安く、いざという時の医療費補償割合が高い所を紹介するので
初心者の方はとりあえず今回紹介するところを選んでみませんか?

ペット保険によって生涯浮くお金

ペット保険の発祥は

ペット保険に加入することによって、ペットを飼育することによってかかる
医療費がどれだけやすくなるのかご存知ですか?

まず最初に知ってほしいのは、犬と猫を最後まで飼育した時に必要な医療費。
平均的に犬は100万円、猫は60万円と相場が決まっているようです。

犬を飼っているオーナーさんが
幼いころから保険に入っていたとして月々2,000円の保険を続け
9歳頃から加齢により2,500円になったとしましょう。

15歳まで生きたと計算すると

(2,000円×12×9)=216,000円
(2,500円×12×6)=180,000円

216,000円+180,000円=396,000円


猫の場合は犬よりも保険料が安くなるので35万円ほどになると思います。

犬の場合、保険に入っている場合には100万円かかると予想される医療費が
39万円に抑えることが出来ます。

差額はなんと61万円。

猫の場合でも25万円ほど抑えることが出来ますね。

保険に入るだけで、これだけの医療費を抑えることが出来るのです。
こうやって金額を出すと、保険に入ることの大切さがわかると思います。

選ぶためのポイント

ペット保険加入に必要なもの

それではペット保険を選ぶためのポイントを紹介したいと思います。
様々なペット保険がありますが、補償の割合や
月々の保険料は様々。

それらを見極めることにより、自分と相性が良い
ペット保険を見つけることが出来ます。

保険料

全額補償の保険を見つけたとしても、月々に5000円もかかってしまうような
高額な保険を利用すると生涯の医療費よりも高くついてしまうことがあります。

自分の生活費の中から捻出することが出来る保険料のペット保険を選ぶことで
無理のない医療費サポートを受けることが出来るようになります。

補償割合

保険料が安い所を見つけたけど、補償の割合が低いところがあります。
半分しか出してくれないプランを用意している保険会社もあります。

当サイトでは70%以上の補償を受けることが出来るペット保険をオススメしています。
3割負担になれば人間と同じような感覚で、
ペットを病院に連れていくことが出来るからです。

補償の割合もしっかりとチェックしましょう。

初心者にはPS保険がオススメ

PS保険ロゴマーク

上記の項目で保険を選ぶ際のポイントを紹介させて頂きました。
それでも、他の保険会社を見比べるのが面倒くさい人や
どこを選べばいいのかがわからない人がいると思います。

そういったペット保険初心者の方にお勧めの保険があります。

その名も「PSH」
ペットサポート保険の略称です。

PS保険では、ケガや病気にかかってしまった時に
PS保険の規約に当てはまる補償をしてくれます。

骨折をして24万円医療費が必要になったとしても
負担額が1万円で済むこともあります。

保険料も安く、補償の金額も高いので
初心者にオススメなペット保険だと思います。

まとめ

今回は初心者におすすめのペット保険を紹介させて頂きました。
資料請求をすることで、サイトではわからなかった事実がわかることもあります。

資料請求は無料なので、貰うだけ貰っておきましょう!

 
ABOUTこの記事をかいた人
チョコラー

こんにちは!ペット健康ナビの記事を書いています。しつけの仕方やドッグフードの選び方など基本的なことから、わんちゃん・ねこちゃんの幸せに繋がるお話をしていきます♪皆さんが充実したペットライフを送るために、読んで参考になるような記事を目指します。ヨロシクネ Uo・ェ・oU