猫の医療費を35万円安くするペット保険!

ねこアイコンこの記事はねこちゃん用の記事です

あなたのペット保険に加入していますか?

ペット保険に加入することであなたは35万円以上を得することが出来ます。

あなたの猫を保険に入れるかどうかを判断する為に
この記事を読んでみませんか?

猫の医療費は非常に高いのです

あらかじめ断言させて頂きます。
ペットの医療費はとても高額です。

猫が風邪をひいてしまった時には、
診療費や薬代あわせて1万円超えることも
決して珍しい事ではありません。

遊んでいる時に壁にぶつかってしまい骨折すると
25万円以上の医療費が必要になることもあります。

生涯医療費は70万円以上

医療費は猫を生涯養う時にどれだけかかるのでしょうか。
猫の生涯にかかる医療費は平均で70万円必要とされています。

予防接種や予防薬、ケガをした時の治療費や病気の治療費。
かきだしたらキリがありませんが
これらを合わせると猫の一生に医療費が
70万円以上かかることが多いようです。

想像していたよりも大きな数字が出てきて
驚いた方も多いのではないでしょうか。

70万円という数字は大きいですが猫を飼うためには
それだけの医療費が必要になるという事を覚えておいてください。

高いと思われがちなペット保険

70万円の医療費を少しでも削減するためには
ペット保険に加入する必要があります。

高いと思われがちなペット保険ですが、
月々にどれくらいの
保険料が必要だと想像していますか?

調べたこともないのに勝手なイメージで
ペット保険が高いと思ってはいませんか?

高すぎる保険料で補償を全くしない悪徳保険会社もあります。
しかし、当サイトで紹介しているペット保険会社は
評判が良いものばかりです。

ペット保険会社を正しく選択することにより
あなたの飼っている愛猫の医療費を大幅に削減することが出来ます。

正しい選択で40万円以上の医療費削減に

ペット保険に加入することにより、
どれだけの医療費を削減することが出来るのか。

ペット保険に入るのであれば、しっかりとした納得感が欲しい人の為に
ペット保険加入により得する金額を、数式を使って紹介したいと思います。

【例】アメリカンショートヘアを飼っているBさん
Bさんが飼っている犬が
幼いころから保険に入っていたとして月々1,500円の保険を続け
9歳頃から加齢により2,000円になったとしましょう。

15歳まで生きたと計算すると

(1,500円×12×9)=162,000円
(2,000円×12×6)=144,000円

162,000円+144,000円=306,000円

アメリカンショートヘアの保険相場だと月々の保険料にかかるお金は
生涯で換算すると約30万円になります。

猫の平均的な医療費70万円から30万円を引くと40万円。
つまりペット保険に加入するだけ
40万円以上の医療費を削減することが出来ます。

ペット保険会社の中で一番のオススメ

保険の事はあまり知らないけれど、
40万円以上も安くなるならペット保険に入りたい。

そう思った方は、後回しにせずに今すぐペット保険会社へ資料請求をしましょう。

まとめ

今回は猫の医療費を削減する方法として
ペット保険を紹介させて頂きました。

40万円以上の医療費を削減することが出来るペット保険は
加入しておくことで家庭のお金が落ち着きます。

大切な猫を守るためにも
家庭の経済事情を落ち着けるためにも
ペット保険に加入しましょう!

 
ABOUTこの記事をかいた人
チョコラー

こんにちは!ペット健康ナビの記事を書いています。しつけの仕方やドッグフードの選び方など基本的なことから、わんちゃん・ねこちゃんの幸せに繋がるお話をしていきます♪皆さんが充実したペットライフを送るために、読んで参考になるような記事を目指します。ヨロシクネ Uo・ェ・oU