犬と猫のシャンプー!何を基準に選べばいい?

犬と猫のシャンプー!何を基準に選べばいい?
ねこアイコンいぬアイコンこの記事はわんちゃん・ねこちゃん用の記事です

今回は犬と猫のシャンプーについての知識を皆さんに紹介したいと思います。
犬や猫の毛について知ることで犬と猫にはどんなシャンプーが適しているのか
どんな基準で選べばよいのか等、ペットの為に役に立つ知識を紹介させて頂きます。

犬と猫の毛について知る

犬と猫のためにシャンプーを選んであげるためには
あなたが飼っている犬、猫の毛の特徴を知る必要があります。

人間の体毛とどのような違いがあるのか等を知ることで
犬と猫が快適だと思うことができるシャンプー選びが実現します。

犬の毛の種類

犬の毛には皮膚を外敵から守る役割があります。
(病原体、最近、汚れ等)

毛の種類を分類すると4つに分けることが出来ます。

  • ロング

名前の通り毛が長い犬種です。
シェットランドシープドックやヨークシャーテリアなどが当てはまります。

  • ショート

毛が短い犬種です。
柴犬やダックスフンドなどが当てはまります。

  • シングルコート(一重)

体毛が一重になっている毛の生え方です。
季節に関係なく、毛が生え変わることがないため抜け毛が少ないです。
暖かい地域に生息で育ってきた犬種に多く見られており
パピヨンやグレート・デーンがシングルコートに当てはまります。

  • ダブルコート(二重)

体毛が二重になっている犬種です。
日本のように季節がはっきりしている国で
寒さに対応するために毛が多くなったり暑さを減らすために毛が抜けたりなど
環境に対応している犬種です。
春と秋に換毛期があります。

日本での飼育に向いている犬種はダブルコートだと言われています。
(室内でエアコンで常時温度を調整しているなら関係ありませんが)

コーギー、ゴールデンレトリバー、コリーがダブルコートに当てはまります。

猫の毛の種類

猫の毛も犬と同じようにダブルコートかシングルコート、
長いか短いかで分類されています。

毛が長いか短いか、多いか少ないかは犬と同じように
環境に適応した結果だと言われています。

  • ロング

ペルシャやメインクイーンが当てはまります。

  • ショート

アメリカンショートヘアやロシアンブルーが当てはまります。

  • シングルコート

シャムやコーニッシュレックスが当てはまります。

  • ダブルコート

アビシニアンやチンチラが当てはまります。

犬用シャンプーについて

犬用のシャンプーについて紹介させて頂きます。
どんな成分がメインに含まれていて、どんな効果が得られるのか
犬にどんな影響があるのか等の知識を詳しく紹介させて頂きます。

犬用シャンプーの概要

犬用シャンプーに含まれている成分構成は人間用のシャンプーと違いはありません。

  • 精製水
  • 洗浄成分
  • 保湿成分
  • 香料(ない場合もあり)
  • pH調整剤
  • 殺菌・抗菌成分
  • 防腐剤・酸化防止剤
  • 乳化剤

しかし、販売されているシャンプーによってこれらの成分の他に
+αで成分が足されます。

汚れを落としたいのか、いい匂いにしたいのか、毛を柔らかくしたいのか等の
飼い主のニーズに合わせたシャンプーを様々なメーカーが販売しています。
とにかく汚れを落とすために作られた洗浄能力が強すぎるシャンプーを使ったり
犬の肌に不向きな香料が使われているシャンプー等もあるので
成分や口コミをしっかりとチェックする必要があります。

猫用シャンプーについて

猫用のシャンプーについて紹介させて頂きます。
どんな成分がメインに含まれていて、どんな効果が得られるのか
猫の体にどんな影響があるのか等の知識を詳しく紹介させて頂きます。

猫用シャンプーの概要

  • 精製水
  • 洗浄成分
  • 保湿成分
  • 香料(ない場合もあり)
  • pH調整剤
  • 殺菌・抗菌成分
  • 防腐剤・酸化防止剤
  • 乳化剤

先ほど紹介したように犬、人間用とあまり変化はありませんね。
猫も犬と同じように人間と比べると皮膚が薄く
化学物質の刺激に強くはないのであまり大量の洗浄剤は入っていません。

鼻が敏感なので匂いが気にならないように香料も少なめになっています。

シャンプーを選ぶための基準

さて、犬と猫の毛の種類とシャンプーについて知ることが出来たので
どんな基準で犬と猫のシャンプーを選べばよいのか学びましょう!

正しい知識を身に着けて犬と猫が快適に過ごすことが出来る
体毛を維持させてあげましょう!

犬と猫のシャンプーの選び方

犬用のシャンプー、猫用のシャンプーを選ぶ際のポイントは
肌にどんな刺激があるかを基準にすることが良い選び方に繋がります。

先に少しお話しましたが、人間に比べて犬と猫は肌が弱いです。
洗浄作用が弱めの自然由来の優しい材料を使ったシャンプーを選ぶことで
犬と猫の肌をしっかりと考慮しながら体毛を綺麗にしてあげることが出来ます。

香料は少ないもの、もしくは使われていないものを選びましょう。
消臭剤が使われているものを使うと犬や猫の嗅覚への刺激を減らすことが出来ます。

犬猫共用の優しいシャンプー

ここまでのシャンプーについての知識を学んでいただきました。

犬や猫には優しいシャンプーを使う必要があるとオススメさせて頂きましたが
市販品だとあまり犬や猫に優しいシャンプーが売られていないのが現状です。

洗浄作用が強すぎたり、匂いを付けることに必死な商品が多く
犬や猫にとっては障害になりますしシャンプーを嫌がる原因にもなります。

今回はここまで記事を読んでくださったあなたとあなたのペットの為に
特別に1つシャンプーを紹介したいと思います。


【送料無料】 APDC ティーツリーシャンプー 500ml 犬用 [APDC ペット用シャンプー シャンプー 犬のシャンプー ティートゥリー ティートリー 植物成分 消臭 低刺激 殺菌]

ペットについての情報に精通していて厳しい目で市販品を見ている私でも
良い評価を考えることが出来たシャンプーです。

ティーツリーシャンプーのメリット

ティーツリーシャンプーはティーツリーなどの植物を始めとする厳選された保湿成分や肌の調子を整える成分が
犬と猫のために配合されており、どんな犬種猫種のシャンプーにも使うことが出来ます。

大切な愛犬、愛猫の皮膚を守るためにヨロチコシャンプーを利用することで
皮膚の様々な病気から大切なペットを守ることが出来ますよ!

まとめ

今回は犬と猫の毛の種類について、シャンプーについて紹介させて頂きました。
これらの知識を生かして犬と猫が安心してシャンプーされることが出来るように
良いシャンプーを選んであげましょう!

 

犬と猫のシャンプー!何を基準に選べばいい?
ABOUTこの記事をかいた人
チョコラー

こんにちは!ペット健康ナビの記事を書いています。しつけの仕方やドッグフードの選び方など基本的なことから、わんちゃん・ねこちゃんの幸せに繋がるお話をしていきます♪皆さんが充実したペットライフを送るために、読んで参考になるような記事を目指します。ヨロシクネ Uo・ェ・oU