人間のサプリメントを犬や猫に与えるとどうなるの?

犬や猫に人間のサプリメントを与えてしまうとどうなる?
ねこアイコンいぬアイコンこの記事はわんちゃん・ねこちゃん用の記事です

皆さんが普段飲まれているサプリメント。
人間が摂取する場合と犬や猫などのペットが摂取した場合では
体に現れる効果が違うかもしれません。

もしペットに人間のサプリメントを与えようと思っている方や
人間のサプリメントを誤って与えてしまった方。

ペットに人間用のサプリメントを与える前にこの記事で
サプリメントでペットにどんな影響が出てしまうのかを学びましょう。

現在販売されている犬猫用サプリメントの種類

現在、様々なメーカーから犬用や猫用のサプリメントが販売されています。
ペット用のサプリメントを普段から使っているというご家庭もあるのではないでしょうか。

ペットの体調が悪い時や栄養補助として使われることが多いのですが
実際にどのようなサプリメントが売られているのかを紹介させて頂きます。

どんな効果が期待できるのか

ペット用サプリメントも基本的には人間と同じように
足りない栄養素を補う効果を得ることが出来ます。

例えばカリウムが不足している場合にカリウムを与えることで
腎不全の発症確立を抑えたりすることが出来ます。

腸内の環境を整える効果のある酵素が含まれたサプリメントもあります。

ペット用サプリメントだから特別な効果が期待できるという事はなく
基本的には成分量が違うだけで人間用に販売されているサプリメントと
期待できる効果は変わらないと考えて頂いて大丈夫です。

犬猫サプリに効果はあるのか!検証の上でオススメできるサプリとは

2017.04.17

犬や猫に人間のサプリメントを与える

もし、犬に人間用のサプリメントを与えた時には
犬の体調や身体にどのような影響を与えるのでしょうか。
実際に例を出して紹介させて頂きます。

健康上の被害はあるのか

犬や猫に人間用のサプリメントを与えた時にはどのような影響があるのでしょうか。
結論から言うと「犬や猫に人間用サプリメントを与えても問題ありません」

犬や猫に人間用のサプリメントを与えても問題ない理由は
サプリメントに含まれている成分が犬や猫に害を与える心配がないからです。

犬や猫用に販売されているサプリメントに比べて
人間用に作られているサプリメントの成分は検査が厳しく行われている為
品質的には人間用サプリメントの方が安全なのです。

与えても問題はありませんが、注意してほしい点が1つだけあります。
それは「摂取量」の調整です。

あくまで人間用に作られているので
身体の小さな犬に人間と同じ量のサプリメントを与えてしまうと
栄養素、ビタミン等の過剰摂取になってしまい
多方面の病気にかかる原因になってしまいます。

犬や猫の体重に合わせて摂取量を調整することが出来るのであれば
人間用サプリメントを犬や猫に与えることが出来ます。

もう大丈夫!獣医が教える猫が嘔吐した時の対処法

2018.05.22

与えてはいけないサプリメント

人間用のサプリメントで与えてはいけないサプリメントと言いますか、
与えるときに特に注意すべきサプリメントがあります。

それはビタミンA又はDが含まれているサプリメントです。
水溶性のビタミンであれば摂取しすぎてしまったとしても尿によって
体外へ排出されるだけなので体調に影響は与えないのですが
脂溶性のビタミンA,Dは過剰に摂取することにより体内に溜まってしまい
体調に大きな悪影響を与えてしまいます。

これらの他にもキシリトールが成分に含まれている
サプリメントにも気を付ける必要があります。

犬や猫がキシリトールを摂取してしまうと
肝機能に大きな悪影響を与えてしまいます。

ペットの体調を良くするためにサプリメントを与えたつもりが
成分をしっかり見ていなかったことが原因で体調を余計に崩してしまうことになるので
キシリトールや脂溶性ビタミンA,D等に気をつけましょう。

与えても問題のないサプリメント

先ほどは犬や猫に与えてはいけないサプリメントについて紹介させて頂きました。
こちらでは与えても問題がないサプリメントについて紹介させて頂きます。
ペットの健康管理に活かすことが出来るので是非覚えていってください。

人間用サプリメントの方がペットに良い効果を与えることがある。

犬や猫におすすめしたい人間用サプリメントがあります。
それは「グルコサミンサプリメント」です。

グルコサミンサプリメントは犬や猫用にも販売されていますが
人間用にも販売されているサプリメントです。

犬や猫のものと比べて成分にほとんど違いがないので
人間用のものを与えたとしても問題がないと言われています。

さらに、犬や猫用と比べて人間用のサプリメントの方が遥かに
安全基準が高いので犬や猫に高い効果が期待できます。

人間用サプリなので細かく砕くなどして量の調整は必須です。

【例】
50㎏の成人男性にサプリメント2錠の時には
体重5㎏の犬にはどれだけの量を与えればよいのでしょうか。

50kg÷2錠=25kg(25kgで1錠)
1錠÷5㎏(犬)=0.2錠(犬に与える際の適量)

まとめ

今回は犬や猫に人間用サプリメントを与えてしまった時の知識を紹介させて頂きました。

殆どのサプリメントが量さえ調整することが出来れば
犬や猫に与えても害のないものばかりです。

犬や猫にサプリメントを与えるときにはキシリトール
サプリ成分に含まれていないことを確認することでペットに安全に
サプリメントを与えることが出来ます!

 

犬や猫に人間のサプリメントを与えてしまうとどうなる?
ABOUTこの記事をかいた人
東山かおる

愛犬・愛猫の健康と長生きのためにできることをブログにしています。
犬や猫の健康維持には、ドッグフード・キャットフードの見直しや、効果的なペットサプリを活用することが大切!
毎日ペットと何気なく接している飼い主さんは、愛犬・愛猫の様子を注意深く見てあげてください。
ドッグフードを美味しそうに食べていますか?キャットフードを食べ残していませんか?
ただ可愛がるだけじゃなく、全身をよく撫でて皮膚の様子もチェックしてあげましょう。
(犬や猫は言葉を話せなくても、あなたに向けてサインを送っています!)
犬と猫、そして飼い主さんの楽しいペットライフのために、これからも皆さんのお役に立てる記事を書いていきたいと思います。