天然野菜の栄養素が摂れるペット用サプリメント

天然野菜のペット用サプリメント
いぬアイコンこの記事はわんちゃん用の記事です

日本におけるペットの飼育数は、犬だけで991万7千頭に上るといわれています。
参考:一般社団法人 ペットフード協会(http://www.petfood.or.jp/topics/img/160129.pdf)

ペット用の商品やサービスも多くありペットを家族のように大切に扱う方々が多くいます。
例えば、ペット用ホテルやレストラン、服、おもちゃ、お墓、など人と変わらないほど多くあります。

大切なペットの健康管理のためにペット用のサプリメントがあるのはご存知でしょうか?
大切なペットと長く楽しく過ごすための手助けになるペット用サプリメントをご紹介します。

ドッグフードだけで補えないの?

ペットの犬に与えるドッグフードの種類は、市販のものだけでも非常に多くあります。
市販のドッグフードの中にも、栄養バランスを考えたものも少なくありません。

種類が豊富な分、商品により栄養バランスや質に差があることも否めません。
また、数あるドックフードの中で愛犬に適したエサを探し出すのは非常に難しいでしょう。

中には危険なものもある

ドッグフードの中には粗悪なものも含まれますので注意が必要です。
栄養面の前に安全性の確認も必要です。

  • 粗悪な肉の使用
    • 人が食べることのできない肉
    • 病気で死んだ動物の肉
    • 内臓や骨、毛や皮まで溶かして使用している肉
  • 賞味期限が長すぎる
    • 賞味期限が1年以上
    • 防腐剤の使用

このようなドッグフードも多く見られます。
粗悪な肉や防腐剤を使用して賞味期限が長くなるように製造しているものでは適切な栄養素が接種できないばかりか、病気を引き起こしたり身体を悪くしてしまいます。

中にはこんな衝撃的なドッグフード混入事件もあるので市販品を安心してはいけません!

ドッグフードで安楽死?!衝撃の混入事件とは

2017.07.12

愛犬にも野菜の栄養素が必要!

犬は基本的には肉食動物ですが、植物質を含む栄養素にも適応しており必要としています。また、ペット用や家畜化に伴い雑食化しています。

生野菜は消化しにくい

野菜に含まれるビタミンなどの栄養素を必要としてはいますが、犬は腸が短いため生野菜のままでは効率的に摂取できません。
また、ドッグフードの中も野菜などの栄養素が配合されているものもありますが、保存のために高温で調理されていたりいて栄養素が壊れている場合があります。

オススメのペット用サプリメント

あなたの愛犬も野菜の栄養素が必要であることはわかって頂けたでしょう。
手軽に効率よく野菜の栄養を摂取できる「愛犬の健康に!【ベジタブルサポート】」をオススメします。

オススメする理由

特許技術を使用した、「低温微粉末加工」で天然野菜の栄養素をそのまま閉じ込めています。
また、無添加・無着色で愛犬に与える際も安心できます。

動物病院専用にベジタブルサポートドクタープラスもご用意しており全国3000以上の動物病院で採用されており安心してご利用できます。

含まれる野菜と栄養素

  • にんじん
    • アルファカロテンを含み、細胞老化と生活習慣病予防に効果
    • コレステロールや有害物質の排出に役立つ
  • ブロッコリー
    • ビタミンCの含有量が多い
    • 抗酸化作用を持つルテインやフラボノイドを含む
    • 高い栄養価がある
  • しいたけ
    • 新陳代謝を活発にさせるエリタデニンを含む
    • コレステロールの体外排出促進効果
    • 動脈硬化予防
    • 便秘解消
    • β-グルカンが免疫機能の向上
  • かぼちゃ
    • β-カロチン、ビタミンC、ビタミンEが豊富
    • 抗酸化効果に優れている

上記の野菜の栄養素を「低温微粉末加工」で処理し閉じ込めています。
愛犬の活動力低下や腸内環境の乱れ、ビタミン不足を解消するのに最適なサプリメントです。
ベジタブルサポートを手に入れよう

ベジタブルサポートはお試しでトライアルセットがあります。

愛犬と健康に楽しく過ごしたいと考えているなら「顆粒&タブレットトライアルセット」を試しに購入してみませんか?

サプリ以外に気を使うべきこと

ベジタブルサポートで野菜の栄養素を愛犬に与えるのも大事ですが、サプリメントだけに頼っていてもいけません。

  • 運動
    • 犬種により運動量は異なりますが、毎日の散歩など運動は必要です。
    • 小型犬種の場合も、外に連れ出すことで日光に当たることでリフレッシュになります。
  • 食事
    • サプリメント以外の食事も重要です。
    • 犬に与えてはいけない食物を認識しておきましょう。
    • ドッグフードも良質なものを選びましょう。
  • ストレスケア
    • 人間同様、ペットもストレスは溜まります。
    • ストレスが原因で健康を害す場合もあります。
    • 適度に遊んであげたり、リラックスできるスペースを用意しましょう。

これらのことをしっかりとケアしたうえでベジタブルサポートを利用すれば、愛犬の健康はより高まることでしょう。

 

天然野菜のペット用サプリメント
ABOUTこの記事をかいた人
久寿田 和夫

家では犬と猫を飼っていますが、以前はジュウシマツやハムスターも飼っていました。これから初めてペットを飼う人にも役立つような記事が書ければ、と考えています。